ホーム

事業概要

オーナーシップ株式会社は、セキュリティ・トークン(電子記録移転権利)の発行・管理を行うシステムの開発・運用を行います。

セキュリティ・トークンとは、有価証券(Security)をブロックチェーン技術を活用してトークン(Token)化したデジタル証券のことです。トークン化することで、発行コスト、運用コストを劇的に低減することができ、高い流通性も同時に確保できることから、一般投資家が気軽に投資できる手段になりうるものとして注目を集めています。

2020年5月1日に施行された「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」(以下「改正金商法」)により、セキュリティ・トークンは「電子記録移転権利」として定義され、今まで第二項有価証券に分類されていたものが第一項有価証券として整理されました。
また、電子記録移転権利の該当性が法により問われるものとなりました。

当社は、グローシップ株式会社が持つFintechやブロックチェーン技術とデジタル証券準備株式会社が持つセキュリティトークン(電子記録移転権利)の知見を結集し、設立いたしました。
当社が開発・運用するセキュリティトークン(電子記録移転権利)管理システム「OwnerShip」は電子記録移転権利該当性要件を確保し、すべての有価証券表示権利がトークン化されボーダレスに流動化される世界を実現します。

お問い合わせ

事業内容、その他お問い合わせについては、info@ownership.jpまでお問い合わせください。